家庭教師を首になってしまう理由とは?たったそれだけでクビですよ!?家庭教師のクビの理由は〇〇だからです

家庭教師のアルバイトは仕事量が多い分それなりに高単価で世間やネットでは少々ブラックアルバイトな扱いを受けることもありますがそれでもその報酬力は魅力的です。ですがアルバイトと言っても仕事は仕事、当然能力が見合わなければクビ宣言されてもおかしくないです。

そんなクビの理由も妥当な物からただのクレーマーじゃないか!と言う物までございます、そんなクビの理由集をご紹介していこうと思います。

1家庭教師の指導力不足

いくら学力はあってもそれを教える技術が無ければ意味がありません、ましてや人に教える事が専門の家庭教師で相手への指導能力が低ければ致命的です。実際、家庭教師をクビにされた理由でよく目立っている意見に「相手(=家庭教師)の指導力不足」が入っているぐらいです。

家庭教師になれるだけの学力だけあっても人に教える指導力も備えておかないと駄目ですね。

2家庭教師の容姿

先生をやれるだけの学力はある、指導力もある、なのに…「容姿が悪い」と言う理由だけでクビにされた例もあります。無論顔は生まれつきなのでそう簡単に直せる物ではありませんが問題はそこよりも

・服装
・(女性の場合は)化粧
・(男性の場合は)無精髭

と言った気をつけてれば直せる物を直さずにそのままで来てしまいそれが親御さんの琴線に触れて最終的にクビへの要因を作ってしまった…とシャレにならない事もあります。家庭教師とは言え教師なので容姿には気をつけましょう。

3家庭教師の遅刻

これは余程の事が無い限りはフォローのしようがありませんね。相手と契約を結んでいる以上は遅刻はあってはなりません。勿論向かっている途中に事故に巻き込まれたとか不測の事態で遅れそうになったと言う場合もあるでしょう、その時はすぐに遅れると言う趣旨の連絡と謝罪を事前に相手側に伝えておけば相手側も納得はしてくれるでしょう。

ですが連絡も無しに遅刻は論外、事故報告もです。遅刻癖があって家庭教師のバイトをしたいと思っているのであればまずはその癖を直した方がいいです。

家庭教師を首になってしまう理由とは?たったそれだけでクビですよ!?家庭教師のクビの理由は〇〇だからです

4生徒側のやる気の無さを責任転嫁された
幾ら熱血指導や分かりやすい指導を心掛けたとしても相手側、つまり生徒さんがやる気になってくれなければ時間の無駄ですし、親御さんは更にお金を溝に捨てる様な物です。しかし一番タチ悪いのは教師側の我々は改善しようと努力しているのに生徒側は一向に改善せず成績もついていかずその責任を教師に押し付けられた…と胸糞が悪くなるような話も珍しくありません。

コンサルテーション→サクシード http://www.benkyo.co.jp/

そうなった場合は残念ながら我々は不利な立場になりやすくいくら高単価でもこの仕事はやらないと決めて止めてしまう人も多いです。下手に続けて自身が病むよりかは思い切ってスパッと辞めるのも一つの手ですがこの仕事が好きで続けたいのであればただ勉強も教えるのではなくその生徒さんとコミュニケーションを取ってまずは信頼関係の土台作りをしてから徐々に勉強を教えていくのが最適です。

如何でしたか?今回は特に目立つ物を4つ程選びましたがここでは選びきれなかった理由もまだ数多く存在します。これから始めようと思っている人も続けようと思っている人も本記事に目を通して気を引き締めて貰うと幸いです。

家庭教師のバイトは高卒でもできますか?家庭教師をするなら、子供が好きでコミュニケーション能力の高さを求められます

家庭教師のバイトは高卒でもできますか?家庭教師をするなら、子供が好きでコミュニケーション能力の高さを求められます

家庭教師のバイトは高卒でも始めることができます。大学生がよく家庭教師のバイトをしていますが、考えてみると大学生は高卒な訳ですので知識さえあれば問題ありません。ただ、家庭教師のバイトを募集している会社によって対応が異なる場合があります。

大学生限定で募集をしている会社や、大卒を条件に募集をしている会社があるので、それらの会社にバイトの申し込みに行くのは厳しいのかもしれません。高卒で未経験でも大丈夫という会社がありますので、そちらの求人に応募するのが基本路線になります。

ただし、家庭教師のバイトをするのなら、学歴以外に重視される面があります。それは、子供が好きなのかということと、コミュニケーション能力が高いのかということです。家庭教師は子供が苦手ならとてもじゃないですが、務まりません。子供なので、社会人と同じように礼儀正しくて節度のある態度が取れないかもしれません。

子供が好きでないと無理にがまんをしなくてはいけませんので、ストレスがたまって続けることが難しくなります。特に、小学生位の子供に勉強を教えるのは、学力は高卒でも全く問題がないものの、子供が好きでないと続けて行くのが難しいと言えます。

次に、コミュニケーション能力が高さについてです。子供に勉強を教えることは、子供に分かる言葉に変換をしてさらに分かりやすく説明する技術が必要になります。そのためには、子供に理解をしてもらうのが目的という意識を持って勉強を教えないといけません。

自分で勉強するのはどれだけできても、子供に勉強を教えるとなると全く違う力を要求されます。ですので、コミュニケーション能力が必要になります。また、家庭教師は子供の親ともコミュニケーションを取らなくてはなりません。家庭教師を選ぶのは親ですので、親と綿密に感じ良くコミュニケーションを取ることができれば、信頼されて次の契約につながる仕事ができると言えます。

面接では、その辺りのことを聞かれることがありますので、しっかりと答えたいですね。