家庭教師の選び方とは?失敗しない家庭教師の選び方

これからの高校や大学受験、そして将来の生活に困らないように今から勉強に力を入れて家庭教師を雇って子供さんの学力をあげようと考えている親御さんは少なからずいると思います。

ですがいざ選ぶとなると何から選べばいいのかと言う問題が出てきます。そこで今回はこれから家庭教師をつけようと思っている親御さん達の為に家庭教師の良い選び方をご紹介したいと思います。

1学歴に目を向けてみる
入学したい高校や大学の志望校があるならばその系列、もしくは実際の出身者の家庭教師を選ぶと目標に向けて取り組みやすいでしょう。

何故ならその先生はその志望校の雰囲気や重点的に力を入れている科目等を知っている、いわば生き証人です。知らない人についてもらうよりも実際に知っている人の方が対策や強化すべき科目の学力のイメージがし易いです。

2料金設定も疎かにせずチェック
現実的な事になりますが人を雇うのですからお金は必要です、ですが高いお金を出してもそれに見合った指導力と学歴や学力が無ければ釣り合いません。

多くの疑問を抱える家庭教師のイメージ

そして逆にリーズナブルな値段ながら指導力や学力はそれ以上のコストパフォーマンスを発揮する家庭教師を紹介している家庭教師の派遣サイトも存在します。

お子様の学力を上げたい親御さんの気持ちは分かりますがそれを持続する為の経済力も無ければ意味がありません。自分達の経済事情を二の次と考えず同等の条件として頭に入れて探しましょう。

補足ですが支払い方法やキャンセル料でトラブルが発生した例も少なからず存在するので料金以外の面(支払い方法やキャンセル料の有無etc)もちゃんと確認はしておきましょう。

3人間的に魅力があるか
教える側も教わる側共に人間同士での接触、少なからず性格や相性の不一致というのが存在します。

主な例だと

・片方はお喋りだが片方は無口、もしくは口数が少ないので勉強中は問題無いが休憩時間だと(悪いことはしていないのに)気まずい雰囲気になりやすい

・教師本人にその気は無いのだが無意識にやる気を削ぐような言動や行動を起こしてしまい結果としてモチベーションを下げるような事を度々していてコミュニケーションが図れない

・教師側の学力は凄いのだが口下手で生徒側の質問に答えは分かっているのだがそれを教えきれないetc

挙げたらキリが無いのでここまでにしますが双方人間ですのでまずは「円滑にコミュニケーションが取れそうか否か」を見ておきましょう。

現在の家庭教師の派遣サイトの殆どでは体験サービスが受けられ、付けたいと思っている教師とお子さんの相性が良いかを事前に図る事も可能ですので見た目やプロフィールだけでは分からない事も見えてくるので円滑に勧めるには一度受けておく事をお勧めします。

上手くコミュニケーションが取れてると修学旅行等で教師用にお土産も貰えたなんて嬉しい報告もありました。以上3点ですがご紹介させて頂きました。

家庭教師を選ぶのは大変かもしれませんがこの3点を頭に入れておけばスムーズに事は運べる事をお約束しますのでぜひ参考にしてください。