家庭教師のバイトを休むときに使えるおすすめの理由はありますか?家庭教師のバイトを休む理由のベストは「腹痛」

プライベートの理由で家庭教師のバイトを休むとき、その理由を正直に言えないケースが少なくありません。その場合は、何か別の理由を考える必要があります。

ここでは、家庭教師を休むときのおすすめ理由を紹介します。

1.体調不良
・風邪はNG
バイトを休む理由の定番と言えば「体調不良」でしょう。もっとも使いやすく、複数回使っても不自然でない理由ですが、押さえておくべきポイントがあります。

それは「風邪は避ける」ということ。体調不良というと、多くの人が「風邪」を思い浮かべるでしょうが、これはおすすめできません。

人差し指を立てる家庭教師

家庭教師のバイトを休む場合は、電話で休む旨を伝える必要があります。その際、「風邪で休みます」という声が、いつもと変わらなければ、相手に「仮病なのでは」と疑われかねません。

また、風邪は1日で治ってしまうものではありませんから、その後、「演技」をする必要も出てきます。たとえば、2日後にまた同じ生徒の家庭教師のバイトがある場合、「すっかりよくなった」というのは、いかにも不自然です。

・おすすめは「腹痛」
では、どんな体調不良なら無理がないかと言いますと、それは「腹痛」です。急にバイトを休みたいときでも、「突然、腹痛になってしまい、強い嘔吐感もあります。

病院へ行きたいので、今日はお休みさせていただけませんか」というように説明すれば、不自然ではないでしょう。腹痛であれば、「普段と変わらない声」でもおかしくありません。

また、「軽い食あたりでした」というように説明すれば、次回の授業をいつもどおりにこなすことも無理なくできます。他の体調不良としては、「頭痛」や「めまい」という症状もありますが、こちらは「何か深刻な病気なのでは?」と思われてしまうリスクがありますから、避けたほうがぶなんでしょう。

2.体調不良以外の理由
・身内の急病
体調不良以外の理由としては、「身内の急病」も使いやすいものと言っていいでしょう。親や兄弟などが急に入院することになったというような理由なら、相手も納得しやすいでしょう。

ただし、これは何度も使える理由ではありません。「1人の生徒に1度きり」の理由と考えましょう。また、よく「身内の不幸」を言い訳にする人がいますが、これはおすすめできません。

元気にしている身内が亡くなったことにするのは、良心が痛むものですし、後味もよくないでしょう。また、生徒の親御さんから香典を渡されるようなことがあれば、単に良心の呵責というだけでは済まなくなります。

「香典返し」の必要も出てきてしまうのです。以上、家庭教師バイトを休む際のおすすめ理由を紹介しました。何よりも大切なのは、必ず電話で連絡すること。

そして、出来るだけ休まないようにすることです。